/intercontorted1734014.html,車&バイク , 洗車・工具・メンテナンス用品 , 洗車・お手入れ用品,自動車,車ガラスコーティング,撥水,ガラスコーティング,9100円,SCHILD,コーティング剤,www.wonderstone.jp /intercontorted1734014.html,車&バイク , 洗車・工具・メンテナンス用品 , 洗車・お手入れ用品,自動車,車ガラスコーティング,撥水,ガラスコーティング,9100円,SCHILD,コーティング剤,www.wonderstone.jp 9100円 SCHILD ガラスコーティング 撥水 車ガラスコーティング 自動車 コーティング剤 車&バイク 洗車・工具・メンテナンス用品 洗車・お手入れ用品 新作 大人気 SCHILD ガラスコーティング 撥水 コーティング剤 自動車 車ガラスコーティング 9100円 SCHILD ガラスコーティング 撥水 車ガラスコーティング 自動車 コーティング剤 車&バイク 洗車・工具・メンテナンス用品 洗車・お手入れ用品 新作 大人気 SCHILD ガラスコーティング 撥水 コーティング剤 自動車 車ガラスコーティング

新作 出色 大人気 SCHILD ガラスコーティング 撥水 コーティング剤 自動車 車ガラスコーティング

SCHILD ガラスコーティング 撥水 車ガラスコーティング 自動車 コーティング剤

9100円

SCHILD ガラスコーティング 撥水 車ガラスコーティング 自動車 コーティング剤

商品の説明

商品の説明

撥水ガラスコーティング剤とメンテナンスクリーナーのセット商品となります。撥水タイプのガラスコーティング剤やイオンデポジットの付着を軽減し、水シミや水垢、スケールなどのシミの付着を軽減します。ボディコーティングの効果を長持ちさせるためのメンテナンス剤をセットでご用意しております。 施工後はガラス被膜を形成する撥水タイプの商品ですので、水玉が超撥水となり防汚性効果を極限まで高めることに成功しました。コーティングプロショップも認めた一品です。シリカ被膜のガラスコーティング剤は被膜硬度7Hのガラス被膜を形成するため、塗装面の光沢や耐擦り傷性にも優れた商品となります。【施工方法】 洗車後の塗装面にコーティング剤を塗布していきます。コーティング塗り込み時は小範囲で塗り込み、すぐに拭き上げていきます。※炎天下での施工はお避け下さい。コーティング施工後は1、2カ月に一度メンテナンスクリーナーを塗布することで常にコーティング被膜を綺麗な状態に保つためコーティングの寿命を延ばすことが可能となります。

ご注意(免責)>必ずお読みください

使用上の注意

●コーティング液を塗布したまま放置しないでください。ムラになる可能性があります。
●使用中は換気を良くしてください。
●万一飲み込んだ場合は口中をよくすすぐ等の処置をし、皮膚への付着や目に入った場合には大量の水で洗浄等の応急処置を施し医療機関での治療を受けてください。
●保管の際には密閉し、乾燥した冷暗所に保管の上、高温物を近付けないでください。
●子供の手が届かないところに保管してください。
●中身を使い切ってから廃棄処理をしてください。

SCHILD ガラスコーティング 撥水 車ガラスコーティング 自動車 コーティング剤

新しい技術

  • Diane 35すぐに市場に戻って

    2013年3月から市場から削除された薬Diane 35は、薬局の棚で再び利用可能になります。 欧州委員会は、その使用の利点がリスクを上回り、販売を認可したと考えています。 しかし、Diane 35の処方は非常に額縁になり、座瘡に対する治療の一部としてのみ許可されます。 Diane 35は、販売承認を受けていないが、避妊薬として女性に処方されていることが多い。 ©Ceridwen、Wikipedia、cc by sa 2.0 欧州委員会は、アクネDiane 35との戦いが欧州のマーケティング承認(AMM)を維持すると決定しました。 その結果、すぐにフランスで再び利用できるようになります。 2013年3月末以降中断されたこの薬は、避妊薬としてAMMから広く処方されました。 この文脈で、彼は強く批判され、第3世代および第4世代の丸薬も強く批判されました。 実際、彼は静脈血栓症や動脈血栓症の原因とされていました。 1987年以来フランスで起こった4人の死亡は、Diane 35の企業に起因しており、国立医薬品食品衛生局(ANSM)はその使用を中止するよう促した。 避妊薬として非常に広く処方されていますが、この薬は実際に

    続きを読みます »
  • Diane 35すぐに市場に戻って

    2013年3月から市場から削除された薬Diane 35は、薬局の棚で再び利用可能になります。 欧州委員会は、その使用の利点がリスクを上回り、販売を認可したと考えています。 しかし、Diane 35の処方は非常に額縁になり、座瘡に対する治療の一部としてのみ許可されます。 Diane 35は、販売承認を受けていないが、避妊薬として女性に処方されていることが多い。 ©Ceridwen、Wikipedia、cc by sa 2.0 欧州委員会は、アクネDiane 35との戦いが欧州のマーケティング承認(AMM)を維持すると決定しました。 その結果、すぐにフランスで再び利用できるようになります。 2013年3月末以降中断されたこの薬は、避妊薬としてAMMから広く処方されました。 この文脈で、彼は強く批判され、第3世代および第4世代の丸薬も強く批判されました。 実際、彼は静脈血栓症や動脈血栓症の原因とされていました。 1987年以来フランスで起こった4人の死亡は、Diane 35の企業に起因しており、国立医薬品食品衛生局(ANSM)はその使用を中止するよう促した。 避妊薬として非常に広く処方されていますが、この薬は実際に

    続きを読みます »